Château Pichon Longueville Comtesse de Lalande シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ドゥ・ラランド

最初のブドウは、1600年代中頃に植えられました。1850年にコンテス・ドゥ・ラランドに、
バージニー・ピション・ロングヴィルが生まれ、彼女は、歴史の跡を残しました。1978年に
メイ・エリアンヌ・ドゥ・ランクザンが所有権を引き継ぎ、コンテスによって伝統が引き継がれました。2007年以降、この素晴らしい2度目の発展は、ルイ・ロデレール・シャンパーニュの所有者であるルゾー家の所有権の下なされました。以来、偉大なポイヤックのワインに、
より精巧さ、バランス、複雑さを常に得られるよう、特別な努力がブドウ畑になされ、新しいセラーも創設されました。

The first vines of the estate were plantedin the mid-1600s. In 1850 the Comtessede Lalande, born Virgine de PichonLongueville, left her mark on the château.
In 1978, May Eliane de Lencquesaing inherited the property and continued thetradition begun by the Comtesse. Since2007, this super-second growth has been under ownership of the Rouzaud family,proprietor of Louis Roederer Champagne.
Since then, a special effort has been made in the vineyard and a new cellar has been built, in order to always get ever more precision, balance and complexity in the wines of this great Pauillac.

  • Information インフォメーション :
    Address 住所 : Route des châteaux
    Postcode 郵便番号 : 33250
    City 市 : Pauillac
    Country 国 : France
    Phone 電話 : +33 (0)5 56 59 19 40
    Email : [email protected]
    Website ホームページ : www.pichon-comtesse.com