ベタンヌ + ドゥソーヴ
Bettane+Desseauve

Impression

www.bettanedesseauve.frwww.bettanedesseauve.com

 

Michel Bettane ミッシェル・ベタンヌ

michel-21977年、ミッシェル・ベタンヌは大学生に古代ギリシャ語とラテン語を教える傍ら、趣味でパリの「アカデミー・デュ・ヴァン」のワインコースを受講。 ミッシェルの持つ並外れたテイスティング力と記憶力で、すぐに彼が属していたグループの中で優等生になりました。翌年、アカデミーの先生となるよう、ワイ ンの専門家であるスティーヴン・スパリュア氏とミッシェル・ドヴァス氏からオファーを受けました。1980年はじめには、ミッシェルはフランスの代表的ワ イン専門誌「La Revue du vin de France」の編集長に就任し、ジャーナリストとしてのキャリアをスタート。その数年後、ティエリー・ドゥソーヴと出会うことになりますが、それはオス ピス・ド・ボーヌで開催された有名なワインのチャリティーオークションでのことでした。2人の関係は仕事仲間から友情へ、協力から提携へと発展し、 1995年、「Le Classement des Vins de France par Bettane et Desseauve」の初版を出版することになりました。この本が出版されるとすぐに、ワイン批評の新しいメソッドを長く望んでいたワインメーカーと消費 者の両方から高く評価されました。ミッシェル・ベタンヌは今日、世界の最も才能あるワインテイスターとして、またフランスのワイン生産地域の様々なワイン メーカーたちのコミュニティを有する生き字引として、広く認知されています。

While teaching ancient Greek and Latin to university students back in 1977, Michel Bettane enrolled wine courses at the « Academie du Vin » in Paris for his own pleasure. With exceptional tasting ability and memory, Michel quickly ranked amongst the best students of his group and was offered by wine experts Steven Spurrier and Michel Dovaz to act as a teacher amongst his own peers at the same academy a year later. In the early 1980s, Michel began his journalistic career as Chief Editor at La Revue du vin de France, where he would meet several years later Thierry Desseauve during one of the famous auctions held at the Hospices de Beaune. Work relationship led to friendship, and collaboration led to association yielding to the publication of the first edition of «Le Classement des Vins de France par Bettane et Desseauve» in 1995. Immediate acclaim was received for this publication from both winemakers and consumers alike whom were long hoping for a new methodology in wine criticism. Michel Bettane is today widely considered as one of the World’s most talented wine taster, and as a living encyclopedia filled with pages of human interactions with the winemakers composing the complex patchwork of France’s vine growing regions…

 

Thierry Desseauve ティエリー・ドゥソーヴ

thierry-5ティエリー・ドゥソーヴは、若い頃からメディアとワインという2つの情熱を開拓してきました。フランス西部のルーアンで過ごした高校時代にはロック雑誌を 創刊。ティエリーとその仲間は、記事の執筆、広告の販売技術、出版、販売についての知識を養い、彼らの発行するロック誌を、校門やコンサートホールでクラ スメートに販売しました。音楽メディアへの強い興味のほかに、ティエリーはワインへの特別な関心を父から受け継いでいました。父のワインセラーからいくつ かの高級ボトルを”拝借”して、テイスティングの経験を積みました。国立のジャーナリズムスクールを卒業後、ティエリーは彼の2つの情熱を組み合わせ、 1989年、「La Revue du vin de France」の編集長に就任しました。15年間で3桁の販売増を達成し、同誌は、有名なワイナリーと、まだ知られていないワインの原石を新たに発掘しよ うとする両方の読者の参考本となりました。1998年に、彼の執筆した「Le Livre du Vin」が「エドモン・ドゥ・ロスチャイルド」賞を受賞。ティエリー・ドゥソーヴはミッシェル・ベタンヌとパートナーを組み、1995年に「Le Classement des Vins de France par Bettane et Desseauve」の初版を出版しました。とても正確な格付けと、5万を越えるフランスワインのランキングを通じて、ワイン愛好家や専門家に情報を提供 することを目指した同誌は、毎年恒例のフランスワインガイドの参考本になり、今日もそうあり続けています。

From an early age, Thierry Desseauve developed two passions: Medias and wine… Creator of a rock magazine during his high school times in Rouen, Thierry and his friends rapidly developed an appreciation for articles writing, advertisements selling techniques, and publication and distribution options for their “rocking” paper to be sold to their fellow students at the school doors or in concert halls… Aside from a vivid interest in musical medias, Thierry inherited a particular interest for wine from his father and forged his first tasting experiences while “borrowing” some of his dad’s finest bottles in the family cellar.
Freshly graduated from National School of Journalism, Thierry decided to combine his two passions and became Executive Editor of La Revue du vin de France in 1989. With triple digits increase of distribution within 15 years, the magazine became the reference for readers seeking both for celebrated wine estate names as well as unknown and freshly discovered wine gems. Awarded with the “Edmond de Rothschild” prize in 1998 for his “Le Livre du Vin”, Thierry Desseauve partnered with Michel Bettane in 1995 to launch the first edition of their «Le Classement des Vins de France par Bettane et Desseauve». This new wine publication aiming to inform wine lovers and professionals via very precise rating and ranking of over 50.000 French wines then became, and remains today, the reference amongst yearly French wine guides…

©photos Fabrice Leseigneur