Château de la Gardine シャトー・ドゥ・ラ・ガルディーヌ

ガストン・ブリュネル氏と«テロワール»とシャトーヌフ=デュ=パプの出会いから生まれたシャトーで、ブリュネル家が何世代にも渡ってその伝統を受け継いでいます。
先祖から引き継いだ方法を支持し、人のスキルと手を用いて自然体系のバランスを保っています。
土質(Urgonian期の石灰岩と中新世期の土壌)を考慮して、葡萄品種は慎重に選ばれ、ワインに豊かな複雑性を加えます。
発酵段階においては、厳格に葡萄を選果しブレンドすることで、均質のとれたブレンドがなされ、また全てのアロマが一体となります。
ブリュネル家の葡萄栽培の伝統は17世紀にまで遡ります。それから、ワイン商人であったガストン・ブリュネル氏が1947年シャトー・ドゥ・ラ・ガルディーヌを購入しました。
エステートは現在、彼の息子のパトリックとマキシムの2人が、その妻のイヴとマリーズや、子どもや孫であるマリ=オーディル、フィリップ、ギヨームらによって管理されています。
エステートには128エーカー(赤用に118エーカーと白用に10エーカー)の畑と、50エーカーの森林が広がっており、すべて建物の周りに集まっています。シャトー・ドゥ・ラ・ガルディーヌはそのワインの品質のみならず、ユニークにかたどられたボトルでも有名です。

Born out of the meeting of a man, Gaston Brunel, and a « terroir », Châteauneuf du Pape, the Brunel family perpetuates the traditions through generations.

The family favours ancestral methods to preserve the balance of nature, using human skills and hands. The grape varieties, carefully chosen depending on the soil (“galets roulés”, Urgonian Limestone and Miocene era soil), provide a lot of complexity to the wines. Carefully sorting the grapes and blending them at vinification stage give a very homogeneous blend and the cohesion of all the aromas.

The viticultural tradition of the Brunel family dates back to the 17th Century. Gaston Brunel, wine merchant at that time, purchased Château de la Gardine in 1947. The estate is now run by hos two sons, Patrick and Maxime, together with their wines Eve and Maryse and their children and grandchildren: Marie-Odile, Philippe and Guillaume. The estate spreads over 128 acres (118 acres of red and 10 acres of white) and 50 acres of forest, all gathered around the property. Château de la Gardine is well known for the quality of its wine but also for its unique shaped bottle.

  • Information インフォメーション :
    Address 住所 : Route de Roquemaure
    Postcode 郵便番号 : 84230
    City 市 : Châteauneuf Du Pape
    Country 国 : France
    Phone 電話 : +33 (0)4 90 83 73 20Email : châ[email protected]
    Website ホームページ : www.gardine.com