Château Valandraud シャトー・ヴァランドロー

シャトー・ヴァランドローは、ジャン・リュック・テュヌヴァンとミュリエル・アンドロのワインをこよなく愛するご夫妻の功績です。現在も経営が続くサンテミリオンのワイン商として会社設立の成功を収めた二人は、自分達の畑を持ち、ワインを造りたいとの思いが募っていきました。
そして1989年、パヴィ・マカンとラ・クロットの中間にあり、サンテミリオンのフォンガバン中心地あった小さな畑を購入し、その夢は現実のものとなりました。ヴァランドローという名は、初めて購入した畑がフォンガバン・ヴァレーにあるため、谷を意味するヴァルと、サンテミリオンに遡ること1459年までその家系の記録が残る、ミュリエル夫人の苗字、アンドロをシンプルに掛け合わせたものです。
二人は少しずつ区画を購入していき、今ではシャトー・ヴァランドローは8.88ヘクタールの畑を有し、全てサン=テティエンヌ・ドゥ・リスに位置します。
ヴァランドローの成功は多くの人にインスピレーションを与え、そして当初は揶揄された“ガレージワイン”として知られるアペラシオンを確立したのです。シャトー・ヴァランドローが誕生して21年後の2012年に、サンテミリオンのプルミエ・クリュに昇格されました。

Château Valandraud is the achievement reached by a wine obsessed couple, Jean Luc Thunevin and Murielle Andraud. Once having succeeded in establishing a wine merchant company in Saint Emilion( still up and running), their wish was to own a vineyard and make their own wine. In 1989 they turned their dream into reality by buying a small plot in the Fongaban central area of Saint Emilion, between Pavie-Maquin and La Clotte. The name Valandraud is a pure creation mixing Val (as the 1st plot is based in the Fongaban Valley) and Andraud (family name of Murielle that can be traced back to 1459 in the Saint Emilion registry). Little by little, they bought several plots and now Château Valandraud’s 8.88 ha vineyard is fully based in Saint Etienne de Lisse. The success of Valandraud was an inspiration for many and created the infamous appellation known as «garage wines » ! Château Valandraud has been promoted to 1st classified growth of Saint Emilion since vintage 2012, 21 years after its creation.