Château Valandraud シャトー・ヴァランドロー

ガレージワイン活動の先駆者のテュヌヴァンは、主にサンテミリオンを中心としたボルドーの小規模生産者の波を作り、1990年代には、左岸の大金持ちのエステートの影に隠れていた右岸に新たな注目を集めました。テュヌヴァンは、サンテミリオンの前例のない畑から、隣のガレージで発酵させたシャトー・ヴァランドローを造り、その道を切り開きました。

Thunevin is the godfather of the garagiste movement, a wave of small Bordeaux producers, mostly in St-Emilion who, in the 1990s, brought fresh attention to the Right bank, long in the shadows of the moneyed estates of the Left bank. Thunevin led the way by producing Chateau Valandraud, a wine from unheralded vineyards in St-Emilion that was fermented in a garage next to Thunevin’s house.