Château Les Carmes Haut-Brion シャトー・カルム・オー=ブリオン

シャトー・カルム・オー=ブリオンは、5haの庭と葡萄畑を持つ、ボルドー都市の中心に位置する唯一のシャトーです。16世紀まで遡る歴史的な区画を持ち、このユニークな場所はペサック・レオニャンの偉大なワインを造り出すテロワールの発祥地です。
この都会にある葡萄畑は壁で覆われ、一般的ではないカベルネ・フラン40%、カベルネ・ソーヴィニヨン18%、残りをメルローの栽培比率でエステートの特異性を具体化しています。シャトー・レ・カルム・オー=ブリオンのワインはメルローの豊かさと官能さの、カベルネ・フランの上品さやシャープさ、カベルネ・ソーヴィニヨンの力強さと余韻の完璧なバランスを表現しています。
ワイナリーはフィリップ・スタルクにより設計され、ルック・アーセン・へンリー建築家により建てられた全く新しい、特別なセラーを所有しています。野心的で独創性のある2,000m2に渡るセラーは重力を使ったシステムを設備し、4レベルの技術的な醸造へと割り振られてます。パトリック・ピシェが長期間開発プロジェクトを携えて買収した2010年にワイナリーの復活は始まりました。

Les Carmes Haut-Brion, with 5 hectares of vineyards and 5 hectares of gardens, is the only château of the region with an address in the heart of Bordeaux city : 20 rue des Carmes. Endowed with an historic domain which origins go back to the 16th century, this unique and secular place is the cradle of a terroir enabling the creation of a great wine of Pessac-Leognan. This urban vineyard, entirely closed by walls, has an atypical planting proportion of 40% of Cabernet Franc, 18% of Cabernet Sauvignon and completed by Merlot that embodies the peculiarity of the estate. The wine of Les Carmes Haut-Brion expresses a perfect balance between the richness and sensuality of the Merlot, the nobility and sharpness of the Cabernet Franc and the power and length of the Cabernet Sauvignon.
The estate has a brand new and exceptional cellar, designed by Philippe Starck and built by the architect Luc Arsene-Henry. Ambitious and original, these 2000 square-meters facilities which uses gravitary system and distributes on four levels technical and events activities, symbolize the revival of the estate, initiated in 2010 when Patrice Pichet bought it with a long-term development project.

 

  • Information インフォメーション :
    Address 住所 : 20, rue des Carmes
    Postcode 郵便番号 : 33000
    City 市 : Bordeaux
    Country 国 : France
    Phone 電話 : +33 (0)5 56 93 23 40
    Email : [email protected]
    Website ホームページ : www.les-carmes-haut-brion.com