Château Lafaurie-Peyraguey シャトー ラフォリー ペイラゲイ

ボンム村を見下ろす、ラフォリー – ペイラゲイの葡萄畑は近隣のシャトー・ディケムと共に砂利質の高い大地のアぺラシオンの中心に位置します。ワインと歴史が詰まったシャトーのポーチと外壁は13世紀に建てられました。ローマ人が”メゾン・ルージュ”の一区画に立ち寄った事で有名です。砂利や粘土質の5ヘクタールと砂質砂利の10ヘクタールの土壌は »ロンクロス”と呼ばれる歴史的なブドウ畑の区画となっています。600,000年以上前のアキタ二アン石灰岩の基盤の上に堆積した第4紀の砂利土壌の上で栽培されています。シャトー・ラフォリー – ペイラゲイのワインがソーテルヌ1855年格付けプルミエ・グラン・クリュで2番目に表示されているのは驚きではありません。

Overlooking the village of Bommes, the Lafaurie-Peyraguey vineyards lie at the heart of the appellation on a high gravel terrace with Yquem as their closest neighbour. The chateau’s archives are filled with wine and history, its porches and outside walls partly date from the 13th century, and the Romans are known to have stopped off at its ‘Maisons Rouges’ plot of land. Its five hectares of gravel and clay and the ten hectares of sandy gravel that are ‘L’Enclos’ together make up the historic vineyard plots. Blessed with exceptional vines, they are planted on Quaternary gravel soils deposited on an Aquitanian limestone substrate over 600,000 years ago. It is no surprise that Lafaurie-Peyraguey wine appears in second place on the list of Sauternes Premiers Grands Crus Classés drawn up as part of the 1855 classification.

Information インフォメーション :
Address 住所v : Château Canon La Gaffeliere

Postcode 郵便番号 : 33330
City 市 : Saint Emilion
Country 国 : France
Phone 電話 : +33 5 56 76 60 54
Email : [email protected]
Website ホームページ : www.chateau-lafaurie-peyraguey.com