Haut-Carles – Château de Carles シャトー・ドゥ・カルル

14世紀と16世紀の間に建てられ、シャトー・ドゥ・カルルは、モンテーニュ、ラ・ボエシ、ルソー、ボーマルシェ、ディドロのような著名人に宿を提供していました。1900年に、ジロンドの上院議員、ギヨーム・シャストネ・ドゥ・カスタンによって買収され、有名な歴史家でアカデミーフロンセーズの一員、息子のジャック・シャストネ・ドゥ・カスタン、に引き継がれました。彼の孫娘であるコンスタンスと夫のステファン・ドゥルレが、現在シャトーと20haのエステートの所有者です。エステートの大部分は、シャトー・オー・カルルの拡張に割り当てられました。高級ワインであるシャトー・オー・カルルは、1994年に販売され、素晴らしい成功を収め、ポムロールやサンテミリオン地域に隣接した最高級ワインに匹敵します。このワインがエステートの真髄です。ぶどうの90%がメルローで、残りをカルベネ・フラン、マルベックがそれぞれ5%を占めています。2003年に新設されたワイナリーは、選果台からボトリングまで全て重力を利用し、ワインを生産できるよう、ボルドーで初めて設計されたワイナリーです。この歴史あるシャトーの訪問は、ぶどう畑の全景を見渡せるワイナリーの中で、エステートのワイン、シャトー・ドゥ・カルルとシャトー・オー・カルルのテイスティングで締めくくられます。

Built between the 14th and the 16th century, château de Carles has housed famous figures such as Montaigne, La boetie, Rousseau,Beaumarchais and Diderot.Bought in 1900 by Guillaume Chastenet de castaing,senator of Gironde, the estate passed to this son Jacques Chastenet de Castaing, famous historian and member of the Académie Française. His grand-daughter Constance and her husband Stéphane Droulers are now the owners of Chateau de Carles and of this 20 hectares estates of wich a vast portion is dedicated to the elaboration of Haut-carles, the prestige wine launched in 1994 to rival with great success the greatest wines of neighbouring Pomerol and Saint Emilion regions. it’s the quintessence of estate. The merlot variety is dominant with 90%of grapes, whilst Cabernet Franc and Malbec each present another 5%.The new winery, inaugurated in 2003 was the first in Bordeaux Designed to enable the estate to elaborate the wine by total gravity between the sorting table and bottle.A visit to this historical landmark will end with a tasting of the estate’s wines, Château de Carles and Haut-carles, inthe winery with a panoramic view of the wineyard.

 

  • Information インフォメーション :
    Address 住所 : Château de Carles
    Postcode 郵便番号 : 33141
    City 市 : Saillans
    Country 国 : France
    Phone 電話 : +33 (0)5 57 84 32 03
    Email : [email protected]
    Website ホームページ : http://hautcarles.com/