Château Coufran & Château Verdignan シャトー・クフラン&シャトー・ヴェルディニャン

シャトー・クフラン

18世紀から19世紀にかけて、シャトー・クフランはコント・ドゥ・ヴェハモン家が所有していました。
ヴェハモン家からセレリエ家が敷地を買い取り管理した後、1924年にルイ・ミアイユ氏が購入しました。

ミアイユ家は1818年からボルドーで仲介業を営み、この会社はボルドーで最も古い企業の1つです。ジャン氏の祖父のフレデリック・ミアイユ氏は1891年に最初の購入から、次々と畑を買取り、今日ではミアイユ家はメドックで最も規模の大きなシャトーのオーナーの1人となっています。最初に購入したシャトーがシランで、次にクフランはジャン氏の父親が購入しました。
そしてピション・ロングヴィル・ラランドはルイとエドゥアール氏が購入、シャトー・パルメとシトランも1/4を購入しました。現在も、これらのシャトーのいくつかはミアイユ家のメンバーが所有しています。

今日、エリック・ミアイユ氏とマリー・セシル・ミアイユ・ヴィケール氏がシャトー・クフランと近隣のシャトー・ヴェルディニャンのオーナーです。

ルイ氏がクフランを購入した際、メルローだけを植樹しましたが、これはカベルネ・ソーヴィニヨンが主に栽培されるメドック地区において、非常に革新的な一歩でした。現在もクフランは85%メルローを栽培しています。

シャトー・クフランは“アカデミー・デュ・ヴァン・ドゥ・ボルドー”と“ユニオン・デ・グラン・クリュ・ドゥ・ボルドー”の会員です。

Château Coufran

In the XVIII and XIX th century, Château Coufran belonged to the Comte de Verthamon. At that time, Verthamon sold the property to the Celerier family, in whose hands it remained until it was bought by Louis Miailhe in 1924.

The Miailhe family have been brokers in Bordeaux since 1818, which makes them one of the oldest firms in the city. In 1891, Frédéric Miailhe, Jean’s grand-father, purchased the first vineyard in a chain that was to make the Miailhe today one of the largest owners in the Médoc. That first chateau was Siran, then Coufran was the next acquisition of Jean’s father, then Pichon Longueville Lalande was bought by Louis and Edouard and ¼ of Palmer and Citran. Today some of these Chateaux are still owned by members of the family.

Today Eric Miailhe and Marie-Cécile Miailhe-Vicaire are the owners of Chateau Coufran and the neighbour Chateau Verdignan.

When Louis Miailhe bought Coufran, he planted 100 % merlot grapes, which was quite a revolutionary step in the predominantly Cabernet Sauvignon planted Médoc. Today, Coufran still has 85 % merlot.

Chateau Coufran is a member of the “Académie du Vin de Bordeaux” and of the “Union des Grands Crus de Bordeaux”.

 

シャトー・ヴェルディニャン

サン・スラン・ドゥ・カドゥールヌ村の秀逸な地区の一画と、18世紀から存在するメドック最古の一画にヴェルディニャンは60haの畑を所有しています。豊かなオー・メドックの丘陵地に広がり、サンテステフの北部に位置します。
畑は恵まれた立地条件にあり、一画に集中し、ジロンド河を望む、東部の粘土砂利質土壌の傾斜地にあります。
この立地でカベルネ・ソーヴィニヨンとメルロー、カベルネ・フランを栽培することで、フルボディ、非常にフィネスを感じさせるコクのあるワインが出来ます。
エステートはかつてルシー子爵とパロテイ家のものでしたが、現在は1972年に購入したミアイユ家がオーナーとなっています。

Château Verdignan

One of the top growths in the village of Saint-Seurin-de-Cadourne and one of the oldest in the Medoc (18th century), Château VERDIGNAN has 60 hectares of wines, located on the slopes of the rich Haut-Medoc chain of hills, to the north of Saint-Estèphe.

The vineyard enjoys a privileged position, all grouped into one plot, on the eastern slop overlooking the Gironde, on gravelly-clay soil. This together with its choice of grape-varieties: Cabernet-Sauvignon, Merlot and Cabernet-Franc are what make its wines full-bodied, generous and full of finesse.

This estate, which once belonged to Viscount de Roussy and the Parouty family, was acquired by the Miailhe Family which now owns it, since 1972.

  • Information インフォメーション :
    Address 住所 : Château Coufran
    Postcode 郵便番号 : 33180
    City 市 : Saint Seurin De Cadourne
    Country 国 : France
    Phone 電話 : +33 (0)5 56 44 90 84
    Email : [email protected]
    Website ホームページ : www.chateau-coufran.com